つじもと眼科クリニック 阿波座院

06-6538-6006

MENU

ホーム > 主な診療分野 > めばちこ・ものもらい

めばちこ・ものもらい

めばちこ・ものもらいについてご紹介いたします。
めばちこ・ものもらいとは
「めばちこ・ものもらい」とは、正確には「麦粒腫」という、まぶたに存在する脂腺における急性化膿性炎症のことです。 黄色ブドウ球菌・表皮ブドウ球菌による感染が主な原因で、化膿することでまぶたの炎症によるかゆみ・痛みを引き起こします。特に失明やその他の感染症を併発するケースは少ないですが、症状の悪化によって切開手術が必要になることもあります。
初期症状では、吹出物(にきび)が出来たような感覚に類似していますが、「ちょっとまぶたが腫れてる気がする」と感じたら、極力触らないように気をつけてまぶたを清潔に保ち、症状が重くなってしまう前にご相談ください。
めばちこ・ものもらいの種類

・外麦粒腫

痛みや腫れ・発赤を伴うことが多いです。

・内麦粒腫

痛みや腫れ・発赤を伴うことが多いです。外麦粒腫にくらべ、腫れが目立ちにくい場合もあります。

・霰粒腫

急性の炎症がでると痛みを伴うことがあります。

治療について
・麦粒腫
点眼薬、眼軟膏での治療になります。症状によっては、針で膿を出す場合があります。
また重症例では内服薬を飲んでいただく場合もあります。コンタクトレンズを装用されている場合は、装用を一時的に中止していただくこともあります。
・霰粒腫
点眼薬、眼軟膏での治療になります。腫瘤部位に注射をする場合もあります。
改善傾向が見られない場合、手術での切除を必要とする場合があります。
どこまで治療を行うかについては、ご相談しながら決めさせていただきます。
術前~術後
外麦粒腫

皮膚の外側から針で排膿し、点眼・内服等の併用で腫れが引いています。

外麦粒腫:術前

外麦粒腫:術後

内麦粒腫

皮膚の内側から針で排膿し、点眼・内服等の併用で腫れが引いています。

内麦粒腫:術前

内麦粒腫:術後

霰粒腫
皮膚の外側から切開し、霰粒腫を一塊で切除除去しております。手術加療になります。なかなか小さくならない霰粒腫の場合は、手術的に摘出した方が、きれいに治る場合があります。

霰粒腫:術前

霰粒腫:術後

11月の診療日カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

PICK UP