つじもと眼科クリニック 阿波座院

MENU

ホーム > 主な診療分野 > オルソケラトロジー

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーについてご紹介いたします。

当院での取り扱いについて

以前よりオルソケラトロジーには、近視進行の抑制効果が期待できると言われていました。海外では大人よりも子どもの近視矯正ならびに近視抑制としてオルソケラトロジーが多用されています。日本でも2017年にオルソケラトロジーガイドラインの修正があり適応年齢が変更されました。これに合わせて当院でもオルソケラトロジーの取り扱いを開始しました。

オルソケラトロジーについて

オルソケラトロジーとは、就寝中に特殊なレンズを装用することで角膜の形状を矯正し、一時的に近視や乱視の視力を回復させる治療法のことです。日中裸眼でもコンタクトやメガネをかけずに生活ができるようになります。一般的なコンタクトレンズとは異なり、寝ている間に特殊な形状をしたレンズを装用する事で角膜の形状を平坦化して、近視や乱視を矯正する方法です。 朝起きてレンズを外した後も一定時間角膜の形が保持され、昼間コンタクトレンズやメガネを装用せずに裸眼で生活することが可能です。

オルソケラトロジー治療開始直後には、矯正効果は弱く短時間しか良好な裸眼視力は持続しませんが、毎日装用を続けることで、1〜2ヵ月後には良好な裸眼視力が得られます。また、手術ではないのでしばらく使用を中止すれば元の状態に戻すことができるため、メガネやコンタクトレンズなどの他の矯正方法に切り替えることも可能です。最近ではオルソケラトロジーの「近視抑制効果」も注目されており、今後は近視が進行している小児のみなさまへの更なる治療効果が期待されております。

こんな方におすすめ
メガネやコンタクトレンズが煩わしい方

職業上メガネの使用が難しい、「時間がたつとゴロゴロする」「夕方になると充血する」等、コンタクトレンズの不快感から解放されたい方へ。

裸眼でスポーツを楽しみたい方

野球・サッカー等のスポーツや、水泳・サーフィン・スキューバーダイビング等の水中のスポーツをされる方へ、裸眼で安全にスポーツを楽しめます。

レーシック等の手術に抵抗がある方

「手術なのでこわい」「術後の感染症などが不安」という方へ。オルソケラトロジーなら、レンズの装用を中止すれば角膜は元の状態に戻りますので安心です。

近視進行の抑制したい方

オルソケラトロジーを継続すると、近視の進行が抑制されます。角膜が柔らかい若年層の方に効果があります。

適している方

  • ・近視度数が-1.0D~-5.0D程度の方
  • ・近視、乱視の屈折度数が安定している方
  • ・目の病気(角膜疾患、緑内障、ぶどう膜炎、網膜疾患、弱視など)がない方

※適していない方

  • ・強度近視や強い乱視の方
  • ・目の病気がある方(角膜疾患、緑内障、ぶどう膜炎、網膜疾患、弱視など)
  • ・医師の指示やマニュアルに従ってコンタクトレンズを取り扱うことができない方
  • ・十分な睡眠を取ることができない方(矯正の効果を得るためには1日6時間以上の睡眠が必要とされています。)
近視抑制効果

近年、オルソケラトロジートレンズの近視抑制効果についてさまざまな研究が国内外で行われ、近視がすすみにくくなるのではないかというデータがいくつかの文献によって発表されております。オルソケラトロジーにおける近視抑制効果は下記のような理論に基づいています。

近視抑制効果のしくみ

近視眼に対して通常の単焦点眼鏡で矯正を行いますと、周辺部の遠視性デフォーカス(焦点ぼけ)を生じてしまいますが(図下)、オルソケラトロジー後は周辺部角膜が肥厚、スティープ化するため周辺での屈折力が増し、その結果、周辺網膜像での遠視性デフォーカスが改善するという仮説が提唱されています。

取扱レンズ
純国産デザイン

当院で使用するオルソケラトロジーレンズ・ブレスオーコレクト®(ユニバーサルビュー社)は東レが開発した最新のレンズ素材でできており、以下の特徴があります。

  • ・ 高酸素透過性素材で角膜にやさしい。
  • ・折り曲げても割れにくいハードコンタクトレンズであるため、衝撃に強い。(ただし、レンズは折り曲げないでください。折り曲げると使用できなくなります。)
  • ・ 日本人に多い球状角膜にも合うように設計されている。
  • ・親水性素材を使用しているため汚れが付着しにくい。
  • ・センタリングを保ちつつ、角膜に機械的な摩擦を与えない表面処理が施されている。
治療の流れ

オルソケラトロジーの検査・治療は健康保険適応外のため、自費診療扱いとなります。

適応検査
  1. ・事前に検査日程のご相談をさせていただきます。
  2. ・各種眼科一般検査を受けていただきます。
  3. ・オルソケラトロジーの適応をカウンセリングさせていただきます。
  4. ・オルソケラトロジーが可能かどうか診断します。
装用テスト(適応と判断された方)
  • ・レンズの取り扱いを説明し、装脱練習をします。
  • ・1週間トライアルレンズを貸し出しいたします。(レンズ貸し出しの際に保証金をお預かりします)
治療開始(ご契約)
  • ・1週間の装用テスト後、治療にご満足いただけ場合、ご契約へと進みます。
  • ・契約後よりオルソケラトロジーの治療開始となります。
  • ・必要書類をご提出いただきレンズをお渡しします。

※ケア用品は、別途ご購入いただく必要がございます。(ケース・保存液、洗浄ジェル・スポイト)

費用

適応検査費用 : 10,000円(税込)

※オルソケラトロジーの検査後、適用・不適用に関わらず、上記料金は発生いたします。検査後の返金は出来兼ねますので、予めご了承ください。

預かり保証金 レンズ1枚につき 30,000円(税込) 2枚の場合 60,000円(税込)

  • ・トライアルを始めるにあたり当院よりレンズを貸出しいたします。その際のお預かり保証金として、上記金額をお預かりいたします。
  • ・トライアル後に治療を開始する場合上記金額はレンズ代の一部となります。
  • ・1週間のテスト装用後、治療継続されない場合は保証金を返金いたします。

治療費について(分割払い)

初期費用 : 片眼 30,000円(税込) 両眼 60,000円(税込)

  • ・契約月から3ヶ月後の月末まで【初期期間】に必要な費用です。

月額基本料金 : 片眼 5,000円(税込) 両眼 10,000円(税込)

毎月の基本料金は初期期間終了後からレンズを返却される(治療中止)までの間、ご負担いただきます。基本料金は、指定いただいた銀行口座より、当月25日に引き落としさせていただきます。※治療終了時日割り計算はいたしませんのでご注意ください。

基本料金には、2年ごとに無償交換するレンズ代、検査・診察代、薬代、処置代が含まれます。

レンズ度数やフィッティング変化に伴うレンズ交換は無償です。
治療継続に必要な検査、診察は何度受けていただいても追加はありませんが、何か別の病気に罹患された場合の検査・治療代は別途必要です。疾患内容によっては保険診療に切り替わる為、保険証を持参されることをお薦めします。視力を維持するには毎晩継続して装用することが必要です。装用を中止すると数日~1週間程度で元の状態に戻ります。治療中は必ず定期検査(3ヶ月毎を推奨)を受けるようにして下さい。

治療費について(一括払い)

片眼 ¥100,000(税込) 両眼 ¥150,000(税込)

※治療費用には、初期検査費用、レンズ代金、スターターキット、治療開始1年間の定期検査費用およびレンズ洗浄液、点眼液代金を含みます。定期検査は3ヵ月毎です。 ※2年目からは3ヵ月毎の定期検査費用(¥5,000(税込))が必要です。レンズ洗浄液および点眼液の代金はご自身の負担となります。 ※レンズは2年程度で新しいものに交換が必要となりますので、その際レンズ代金が別途必要です。

片眼 ¥50,000 両眼 ¥100,000(税込)

基本料金には、検査・診察代、処置代が含まれます。

レンズ度数やフィッティング変化に伴うレンズ交換は無償です。
治療継続に必要な検査、診察は何度受けていただいても追加はありませんが、何か別の病気に罹患された場合の検査・治療代は別途必要です。疾患内容によっては保険診療に切り替わる為、保険証を持参されることをお薦めします。視力を維持するには毎晩継続して装用することが必要です。装用を中止すると数日~1週間程度で元の状態に戻ります。治療中は必ず定期検査(3ヶ月毎を推奨)を受けるようにして下さい。

その他注意事項

効果が不十分な場合には処方を変更し、再度レンズを貸し出しいたします。治療を中止する場合はレンズを返却していただきます。レンズを返却いただいた日を以て治療の中止日といたします。 電話等のご連絡ではお受けできません。

・レンズを破損された場合

年間1枚までは無償で交換します。2枚目からは1枚21,600円 (税込)が必要です。

・レンズを紛失された場合

再オーダーに1枚21,600円 (税込)が必要です。破損と紛失で取扱が異なりますのでご注意ください。

9月の診療日カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PICK UP